安いプロペシア

プロペシアとは

プロペシア錠1.0mgプロペシアは一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在では世界60カ国以上で承認されている、世界で初めて1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)として医師が処方する経口薬です。 日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請して認可され、2005年12月より国内にて発売が開始されました。「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類ありますが、個人輸入代行でプロペシアといった場合には1mg錠を指すのが一般的です。 剤形は円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティングされた錠剤です。

プロペシアの有効成分

フィナステリドプロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。 この成分は5α還元酵素阻害薬という薬に分類され、同じ分類の薬にはプロスカー(フィナステリド 5mg)の前立腺肥大の治療薬があります。 この成分は、米国やメキシコに生えるノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品です。また、フィナステリドはWADA(世界アンチ・ドーピング機関)により筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用があることからドーピング剤のリストに入っていました。しかし検査技術向上により、フィナステリドを使用していても筋肉増強剤などの検出が可能になったため、2009年1月1日からはWADAの禁止薬剤リストから除外されています。

プロペシアは効くのか?

国内外でプロペシアの治験が行われており、また処方する病院でも独自にデータを収集しております。それらの試験結果から、当店が考察としてお伝えできる事は「確実に毛髪が増える」保証は無いという事です。
しかし、多くの実験データは「AGAの進行が止まる」ことを伝えています。男性型脱毛症は症状が進行するので、何の対策もせずに放っておけば確実に脱毛は進行し、ハゲの面積が増加します。しかし、プロペシアを服用する事で、AGAの進行を防ぎ、今ある毛髪を維持する事が出来るのです。結果的に増毛に成功するのは30%程度の方だけですが、残りの70%のほとんどの方に脱毛の停止が感じられ、AGAの進行が止まったとの結果が出ています。
放置しておけば髪は少しずつ無くなります。無くなった髪を再生できるのは30%程度の極僅かな人だけです。ですから、抜け毛が気になりだしたら、早くプロペシアを服用する事で、禿げの進行を防ぎ、現状維持が可能になります。

プロペシアの関連サイト

MSD提供プロペシア情報サイト
MSD(旧:万有製薬)提供
プロペシア情報サイト
男性型脱毛症用薬
プロペシアに関する
注意喚起について

 

 

ご注文はこちら

お届けについて

商品は国際書留航空便にて発送いたします。配達期間は概ね6日間〜10日間です。
※郵便・税関の混雑状況や発送国の休日などにより配達期間が多くかかる場合があります。

お支払いについて

銀行振込み、クレジットカード(JCB不可)が利用可能です。